ホーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダナ


暖かい春の一日であった。
あるか無しかの風が柔らかい。
ゆるく吹いては、草の新芽を撫でて過ぎてゆく。
風は淡い色の花びらを数多空に舞い上げ、
そこここへと運んでいた。




畠中 恵 「ちん ぷん かん」(新潮文庫)
はるがいくよ より
【送料無料】ちん...

【送料無料】ちん...
価格:540円(税込、送料別)








春はいくよくるよ。
ハルヨコイ。
どやさ~!








小説で春の表現はたくさんあります。

私はこの章の春が大好きです。





良い週末でありますように♪


コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。