ホーム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホンダナ

我慢できなくなるときがある、
何かを破壊したくなることがあるんだ、
そんな時私はおまじまいを唱える、メリー・クリスマス、
メリー・クリスマス、ってね。





村上龍 だいじょうぶマイ・フレンド(集英社文庫)














まねまね
またコピペ。頂きました~星三つです。







よい週末を♪
スポンサーサイト
過去記事の会。


若いということは、「道に迷っているばかり」で、楽しさのうらにいつも不安がつきまとっている。知識はあるが知恵がない。プライドはあるがそれには根拠がない。志は高いが評価は低い。要するにいいことはあまりない。



中島らも 砂をつかんで立ち上がれ (集英社文庫)



過去記事の会。


そりの合う人間、そりのあわない人間、と僕はつぶやく。
いったい僕のまわりの誰が僕とそりが合う人間で、誰が合わない人間なのか。今の僕にはさっぱりわからない。



川上弘美 光ってみえるもの、あれは (中央公論新社)





過去記事の会。

尻という漢字には奥まって曲がりくねている場所といった意味があって、実は尻の穴のことなんだ。
肛門のある場所という意味だな。難しい方の臀は、肉の厚みのある臀のこと。臀の肉の膨らみのことだな。
ちょうど椅子に乗っかる部分の肉のことをあらわしているんだ。




花村萬月 ♂♀/(中古) (新潮社)






過去記事の会。


人間ってのはアレだね。歳を重ねて成長するかと思いきや、狡猾な建前主義や自己欺瞞の技術だけ進化して、基本的人格は少しも変化しないのであるよ。



中村うさぎ うさぎの行きあたりばったり人生 (マガジンハウス)




過去記事の会。


「どうでしょう・・・・案外、自分の人生のことを他人のせいにできないことくらいみんな分かっているんじゃないですかな。いろんな意見がある社会で生きているわけでね、みんな自分で落としどころを見つけてやってるわけですよ」



雫井脩介  犯人に告ぐ (双葉文庫)





過去記事の会。



陽はゆっくりと沈んでいく。空気がすっと冷たくなる。
― そうだった、秋の夕方はこんな色だったと空を見上げて思う。夕暮れは一瞬で、空はすぐぶどう色になり、ゆっくりゆっくり、気づかれないようにぶどう色は濃紺になっていく。




角田光代 ドラママチ (文春文庫)



過去記事の会。


そこら中にいろんな関係が転がっていて、誰かと繋がる機会が度々ある。
それは幸せなことだ。



瀬尾まいこ 卵の緒 (新潮文庫)




過去記事の会。

生きれば生きるだけ、なにはさておき、
人は図太くもなっていくのだろう。



森絵都 永遠の出口 (集英社文庫)



過去記事の会。


当たり前のことだが、何をするにしても動機がいる。働くことも例外ではない。ただ働け、自分の力で食っていけというだけでは、どんな仕事でも構わないことになってしまう。働くからには何らかの納得できる動機が誰にだって必要だ。



白石一文 草にすわる (光文社文庫)



過去記事の会。

楽な仕事なんか、世の中にあるわけないんだから。辛いの嫌だの、文句いいながら、自分と家族が食っていくためにやめられないのが仕事ですよ。結局のところ、ひとの生きがいも死にがいもそこにあるんでしょうね



篠田節子 インコは戻ってきたか (集英社文庫)



ホンダナ

自信って、人と比較するから外に表れてくるもの。
私は比較級の価値観が大嫌いだからそんなもの、持たない。私にはこれしか出来ない、という確信だけ。





山田詠美  熱血ポンちゃんが来りて笛を吹く (講談社)



ホンダナ


シャツはシャツだよ。他に何と言えばいいんだ。黙り込んだ誠一を、長身の店員が見下ろして、目を細めた。洋服屋の店員というのは、どうしてどいつもこいつも、客にコンプレックスを抱かせるような着こなしをしているのだろう。





荻原 浩 ちょいな人々 (文春文庫)







玄関









表札





よい週末を♪

過去記事の会。

嫉妬したことがないなんて、まっとうな人間じゃないわ。悲しくて泣いたことがないなんて、そんな人間になにが分かるっていうのかしら。



宮本輝 森のなかの海 (光文社文庫)




過去記事の会。

長い間深刻ぶったり、悩み抜いたりはできないと渡辺はいったが、それはどんな場合にも当てはまる真実だ。



白石一文 不自由な心 (角川文庫)



過去記事の会。

「私、人生、もう終わっちゃった気分なのよね。こないだ久しぶりに映画を観にいったんだけど何も感じなくて、びっくりした。この役者へただなとかそんなことばっかり考えているの。
いやあね。」



栗田有起 お縫い子テルミー (集英社文庫)


過去記事の会。

人間っていうのはしょっちゅう後悔するものだからな。その時は、これが自分の本当の気持ちなんだ、と思っていても、時間がたち状況が変わってくると、以前にには本当の気持ちのはずだったものも、また違って見えてくる。



藤堂志津子 別ればなし (講談社文庫)





ホンダナ


Who knows what fantastic things are in store just around the corner?


その角を曲がれば素敵な出会いが
待っているかもしれないじゃないか。



After all ,the world is full of amazing discoveries,


その気になれば、世界は素晴らしい発見に満ちている、




things you can't even imagine now.


びっくりするようなことに
いくらでもめぐり会えるのだ。




BRADLAEY TREVOR GREIVE
The Blue Day Book (竹書房)








だら~ん





あくびぺこは
荷造りに励む人々を応援します。





よい週末を♪



過去記事の会。

悲しい記憶は、静かに薄れ、やがて忘れられていく。「忘れる」という能力を人間が授かったのは、もしかしたら、この世界には「忘れたい」出来事が多すぎるから、と神さまが見抜いていたせいなのかもしれない。ものを書いて残すというのは、それに抗う罪深い営みなのかもしれない。



重松清 哀愁的東京 (角川文庫)




過去記事の会。

ある日突然、あまりにも多くのものを捨ててしまうと、
ひとは顔が変わる。



中山可穂 深爪 (集英社文庫)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。